脳疾患は、脳腫瘍をはじめ怖い病気と恐れられています。
脳の病気というのは、命の危険にさらされることが多く、後遺症が残る場合もあり、治療が困難だといわれています。
ですが、近年においては、医学の発達に伴い、脳疾患を早期に発見する医療によって、治療が難しいといわれた脳の病気を治療することが可能になりました。
したがって、おかしいと感じたらすぐに診察を受けることが必要であり、また、そうなった場合のことを早くから想定しておくことで、重大な脳の病気を未然に防ぐことができます。
北海道札幌市にある「社会医療法人医仁会 中村記念病院」は、日本初の脳神経外科として有名な病院です。
豊富な経験と実績があり、患者からの信頼も厚いです。
中村記念病院は、救急医療体制を取っていますので、24時間365日の間、万が一何かあったときでも安心して受診できます。
これは、個人病院とは異なる心強い点です。
地域に密着することで、少しでも多くの人が健康な日常生活を送れるように大病院としての役割を果たしています。
中村記念病院では、脳疾患の中でも、まだ治療法が確立されていないパーキンソン病やもやもや病なども診療をしているため、最先端の医療を持っていることが分かります。
毎年行われている学会では、その成果が発表され、論文をまとめた著書も多く輩出していますので、一般人でも最新の医療現場について知ることができます。
中村記念病院は、札幌市中央区にあります。
脳神経外科をはじめ、総合心療内科、耳鼻咽喉科、眼科を含めた15の診療科目があり、透析センターもあります。
院内には売店や食堂、そして理髪店なども備わっているため、入院しても不自由することはありません。
エントランスも広く設けてありますので、圧迫感を感じず、快適に利用できます。
許可病床は、504床です。
駐車場はありませんので、お車でお越しの際は周辺のパーキングをご利用ください。
タクシーをご利用の際は、JR桑園駅から約5分になります。